ゴルフというのは、もちろん「ゴルフクラブ」を使って行うスポーツですね。ひとつのクラブだけでなく、複数のクラブを使い分けていくのが良いスコアを出すために必要となっています。ここではクラブの種類についてみていきましょう。ゴルフというのは、グリーンにあるカップにボールを入れるまでに、1打目からそれ以後によって狙う距離が違うため、正確に打ち分けるためにクラブを使い分ける必要があります。まず、一番勇名なのが「ドライバー」ですね。これは一番ヘッドが大きく長いクラブで、このことからもっともボールを遠くへ飛ばせるタイプのクラブです。「フェアウェイウッド」というのはドライバーのヘッドが小さくなったクラブで、フェアウェイ(短く刈られた芝)でもっとも効果があるクラブです。「アイアン」というのはフェアウェイウッドよりも短い距離を狙うときに使用するクラブです。「ユーティリティ」というのはその名の通りというか、現在もっとも多くのゴルファーが使っている基本的なクラブです。フェアウェイウッド~アイアンの中間にあたります。「ウェッジ」というのは、アイアンより短い距離を狙うときに使用するクラブで、昔はアイアンのセットのひとつでしたが、現在では単品で自立したクラブとなっています。「パター」はご存知のように、ゴルフの最後の部分であるグリーン上において、ボールをカップに入れるために作られているクラブです。プレーで使用できるクラブは、ルールによって14本までとなっています。どれを使うか悩むのも、ゴルフの楽しみですよね。