私、小さいころから運動音痴でおなじみだったわけですが、しかしゴルフに関しては、まあそこそこにプレイできます。ですから、ゴルフもボーリングや車の運転などと同じように、「運動神経が悪くてもできるスポーツなのではないかな?」なんてことを思っています。

そりゃあプロになるぐらいに上手な人ともなりますと、ゴルフにしても運動神経や日頃の鍛錬が大きく影響してくると思うのです。しかし、私のように平日たまーに打ちっ放しに行って、それでコースを回るのは半年に1度ペースだというぐらいの「ゴルフ趣味」な人間からすれば、「ゴルフは運動神経がなくてもまあできるスポーツ」だという印象になります。

だって、学生時代は本当に反射神経運動神経ともに悪かった私でさえ、ゴルフを始めて1週間後ぐらいには、まあ「そこそこには打てるね」という程度にはなりましたから。大人になってある程度筋肉ができて、身体の動かし方がわかってきたせいかもしれません。

ちなみに私、大学ではテニスをしていたのですけれど、こういっては語弊があるかもしれませんけれど、大学時代のテニスよりも社会人ではじめたゴルフの方がやりやすいかもーとは思いました。

テニスよりもゴルフの方が小さい面積のところにボールを当てなくてはならないのですが、しかしテニスよりも運動量は少ないですし、純粋にボールを当てることだけに集中できるので、私は「ゴルフの方が運痴な私には合ってる」「運動音痴な私でもそこそこに上達できる」と感じたわけです。